ブログ

Day 1659 3/5【出張サロン】ばらいろサロン in Barberクロサキ様

ばらいろめがね English Saloon 管理人のばらいろです!

こんにちは!

難破船を引き揚げるって?電信システムって?財宝を探しだす職業のことをなんていう?墓泥棒って?

英語で言えますか? 

昨日は、ダンサーJNKさんお一人サロン。

ジャパンタイムズに掲載された、タイタニック号の電信マルコーニシステムを引き揚げる許可を

求める申請をしたサルベージ会社に対する記事が話題でした。

いまだそこに眠る1500名の遺族からは、そこはある意味集団墓地のようなものなのに、そこを荒らす

とはと避難ごうごう。また、これまでサルベージは、船の外側にこぼれ出たもののみ許可されていた

ようですが、今回初めて、電信システムのところをめがけて船体に穴をあけてというプランとか。

しかし他のものに手を付けないという保証はないわけで、船内に残っているものを盗まれるのではとい

う意見もあり、却下されるのではと言われています。

しかし、この申請が却下された理由はほかにあるというのです。

実は、タイタニックを造った船会社ホワイトスターライン社は、その前にオリンピックという全く同じ

外観、構造の舟を造っていましたが、軍艦とぶつかるという事故で致命的な傷をもっていました。

そのせいで船会社は破産寸前に。そんな時、タイタニック号には巨額の保険金がかけられ、処女航海の

宣伝が。

広告をみて集まったお客様たちは亡くなってしまうことになるのですが。

実は、このタイタニック号は、タイタニック号ではなく、オリンピック号だったといわれています。

オリンピック号は、その内装をタイタニック号とそっくりに改装され、船の名前も書き換えられたと。

そして、氷山にぶつかって沈没したことは、実は保険金目当てに仕組まれた事故だったのではないか

と。突然氷山が現れたと言われていますが、この時周りには他にも船がいて、ノートルダム号は氷山が

あるという警告を送っていたのです。

それなのになぜそれを受信していたタイタニックが氷山をよけず直進していったのか。

また、この公開のチケットが売り出された後、オーナーを含む関係者50人もの来賓が出向前になり

旅のキャンセルし、クルーの何人かも急遽下船したと言われています。中でも、航海で必需品の双眼鏡

の係がその双眼鏡のロッカーのカギをもったまま下船。ですから、目視することはできなかったと。

説得力がありすぎませんか?タイタニック号には窓が14しかなかったはずなのに、実際には16あっ

た。これはオリンピック号の窓数と一致しています。ですから、今回のサルベージで内部が解明されて

は困ることがあるのではないのか?だから許可されないのでは?と。 タイタニック号は、沈んだのに

会社には当時250億円という保険金が支払われました。メディア発表された生存者数とリストに書かれ

た人数が合致しない。100人もの行方不明者はいったいどこに? されあなたはどう考えますか?

もしそうだとしたら、サルベージして真実を知りたいと思いませんか?

そんなJNKさんとのシェアした単語はこちら!

salvage,telegraph,treasure hunter,grave robber

さて次回は12日19時半からです。みなさまのご予約をお待ちしております。

それでは、今週末もコロナに負けず、ばらいろな週末をお過ごしください。

  • Day 1659 3/5【出張サロン】ばらいろサロン in Barberクロサキ様 はコメントを受け付けていません。
  • ブログ

関連記事

コメントは利用できません。

更新カレンダー

2020年12月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

FACEBOOK

ページ上部へ戻る